2013年07月15日

広州にて

1年ぶり、広州に出張。

昨年のデモ後の混乱はなんのその、
たくましくかしこく明るく事業を展開する
日本企業の方々からのお話に、
あたたかな気持ちになる。


その気持ちの余韻を味わいつつ、
朝、緑豊かな街をぶらぶらと散策。

大きな公園があったので入ってみる。
辛亥革命のころ、革命を目指して反乱を起こしたものの
清朝に弾圧されて亡くなった人たちのお墓がある公園。
広々としてなかなかに素敵な場所だ。


しかし、まあ。いやはや。

おばちゃんとおばあちゃんとおじいちゃんが
そこかしこで遊んでる。いや、遊びまくっている。

トランプをしていたり、
バトミントンの羽を使ったけまりのようなスポーツをしていたり、
歌ったり、胡弓を弾いたり、
扇や剣を使った太極拳をしたり、
大音量で音楽をかけて寝っころがってたり、
孫のあかちゃんの面倒を見てたり。


そして圧倒的な量のおばさまたちが、
いくつかのグループになって、
やったら踊っている。
マスゲームとフォークダンスと盆踊りを混ぜたようなダンス。
グループによって振り付けと曲が異なり、
それぞれに「私はちょっと踊れるのよ」というひらひらした服を着た
リーダーのような人がいて、指導してる。

そして、全くもって、お互いを気にしていない。
ゆったりと太極拳をしているグループの横で、
社交ダンス(のようなもの)にいそしむ男女が
カルメンの曲で激しく踊りだす。

しかも、このテンションで、まだ朝9時。


これは、病院いらずだね。
はじけるエネルギーに、
巣鴨も、びっくりだ。


ちなみに私は中国の南方に行くと
完全に混じりこんで、
日常風景の一部となるタイプである。
posted by まゆか at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。