2013年06月23日

改めて

フラメンコにはいくつか代表的な曲の種類がある。

調がメジャーかマイナーか、
リズムが3拍子か4拍子か、
どういうふうに始まり、どこで盛り上がり、
足はどこに入れるか、という、全体の構成が
曲の種類によって大体決まっている。
そして同じ曲の種類に対し、
歌(メロディーと歌詞)が複数存在する。


私が一番好きなのは、喜び、歓喜という意味の
alegriasという曲だ。その名の通り、とても明るい曲。

そして、alegriasの歌として最もよく歌われる
ある歌の中の4小節ぐらいが、特に好きだ。

その部分を踊っているといつも、自分が光に包まれて、
そして自分の体からまさに歓びが光となって
外に向かって放たれるような、
私、恋している!みたいな気分になっていた。
歌詞も「君が好きだ!」みたいなんだと勝手に勘違いしてた。


そうしたら、その4小節は...

♪街が爆撃を受けて、全部壊れた。
壊れた街をみながら煙草をふかしていたら、
その煙の向こうに昔の街が、街の光が、見えた。

というような意味の歌詞だったと、
この曲で初めて踊ってから15年たった昨日、はじめて知る。


似たような感じで、めっちゃかっこいい歌詞だと思っていたら
ひたすら「赤、青、黄、白〜」と色を連呼してたり
悲しみ、という曲だし、
これはいったいどんな深い悲しみなのかしら、
と思いきや、姑との問題を歌ってたり。


日常のほんのささいなことの中での
喜怒哀楽の表現の豊かさ。
本来とてもしんどいはずのことを
それはそれと受け止めて、明るく歌い上げるたくましさ。
それこそがフラメンコなのかな、と思う。

私は言語としては例え認識してなくても
そういうものをずっと身体で踊ってきたんだなあ、と、
改めてしみじみと思う日でした。

(ちっとは勉強して言語でも認識しろよ、とも思いつつ、
これまでもしなかったので
これからもたぶんしないでしょう)
posted by まゆか at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | フラメンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。