2013年06月23日

改めて

フラメンコにはいくつか代表的な曲の種類がある。

調がメジャーかマイナーか、
リズムが3拍子か4拍子か、
どういうふうに始まり、どこで盛り上がり、
足はどこに入れるか、という、全体の構成が
曲の種類によって大体決まっている。
そして同じ曲の種類に対し、
歌(メロディーと歌詞)が複数存在する。


私が一番好きなのは、喜び、歓喜という意味の
alegriasという曲だ。その名の通り、とても明るい曲。

そして、alegriasの歌として最もよく歌われる
ある歌の中の4小節ぐらいが、特に好きだ。

その部分を踊っているといつも、自分が光に包まれて、
そして自分の体からまさに歓びが光となって
外に向かって放たれるような、
私、恋している!みたいな気分になっていた。
歌詞も「君が好きだ!」みたいなんだと勝手に勘違いしてた。


そうしたら、その4小節は...

♪街が爆撃を受けて、全部壊れた。
壊れた街をみながら煙草をふかしていたら、
その煙の向こうに昔の街が、街の光が、見えた。

というような意味の歌詞だったと、
この曲で初めて踊ってから15年たった昨日、はじめて知る。


似たような感じで、めっちゃかっこいい歌詞だと思っていたら
ひたすら「赤、青、黄、白〜」と色を連呼してたり
悲しみ、という曲だし、
これはいったいどんな深い悲しみなのかしら、
と思いきや、姑との問題を歌ってたり。


日常のほんのささいなことの中での
喜怒哀楽の表現の豊かさ。
本来とてもしんどいはずのことを
それはそれと受け止めて、明るく歌い上げるたくましさ。
それこそがフラメンコなのかな、と思う。

私は言語としては例え認識してなくても
そういうものをずっと身体で踊ってきたんだなあ、と、
改めてしみじみと思う日でした。

(ちっとは勉強して言語でも認識しろよ、とも思いつつ、
これまでもしなかったので
これからもたぶんしないでしょう)
posted by まゆか at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | フラメンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

時代

昨日、我が家に復興でハブ的な役割を果たしている
最高に素敵な3人がやってきた。
RCF復興支援チーム藤沢烈さん、
東日本大震災復興支援財団荒井優さん、
ETIC山内幸治さん。

90年代半ば学生だった頃から、
活動フィールドは異なりながらも
同じ世代観を共有する仲間として、つながっていた。
その後、社会人となり、それぞれの社会経験を積み重ねた。


そして起こった、2011年の東日本大震災。
自然と、まるで申し合わせたかのように、
彼らを含めた当時の仲間たちの足は東北へ向かった。
そしてそのまま活動を続け、
今や復興の中心メンバーとなっている。

被災地が広大なため、各自の持ち場が重なることはほとんどなく
また忙しくてゆっくり集まることもないが、
それでも、時々、お互い横にいることを感じ、
そこから力を得ながら、答えのない最前線を走っている。


3人が久々に集まり、リラックスして話をする姿を見て、
その言葉を聴いて、なんとも不思議な気分になった。

自分が生きてきた時代の絵巻を見ている、ような。
ふとその瞬間だけ、3人が話ができるように
時間が動きをとめている、ような。
時代に同席している、ような。

彼らが帰ったあとも
そこに出現した時空を壊したくなくて
しばらく食器もグラスもそのままに
そこにじっとしていた。
その場にいれたこれまでの縁の積み重ねと偶然に、
心から感謝しながら。


東北で起こっていることは
訪問やインタビューを通じて、
こういうことなのかな、とようやく言葉にできたころには
もう物事がだいぶ動いていて、
その言葉では表現できなくなっている、
そんなことの繰り返しだ。

それでも、常時周回遅れ、でもいいから、
彼らが生み出している物語を、
この時代の物語を、
書き綴っていきたい。
そう改めて、強くつよく思う、夜になった。

*****
せっかくの自分のポジションを生かして
世界への発信を、ということで
Harvard Business Reviewで連載(不定期)を始めました。
posted by まゆか at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。