2011年03月29日

信じること

信じること、
というものを考えるきっかけになった。

デマツイート。

今思い返せばサーバールームからコスモ製油所まで
いろいろ回ってきた。

どれも読んだ時はデマだとは思わなかった。
でも、大したフォロワー数のいない自分がRTしたところでしょうがないし
そもそも直接的な解決の手段を持ってないしと思って、
何も行動しなかった。


でも一つだけ、直接的行動をとったものがあった。

「被災した東大の合格者が3月14日の書類締め切りに
間に合わないという相談を東大の事務にしたけれど
『例外は認められず間に合わなければ合格取り消し』
といってつっぱねられた」

というものだ。


私はこれを信じた。
もしこれが本当なら東大にとっても傷になると思った。
そしてよく知っている東大の関係者に一報を入れた。

その直後にこの連絡をしてきた友人から
デマだった!という連絡が入る。
ちゃんと事務としては誠実に対応をしていたらしい。
すぐに一方を入れた方にはお詫びのメールをして事なきを得る。


深々と考えてしまった。

まずは自分についての反省。

ちょっと東大のHPを見てみるとか、ぐぐってみるとか、
数十秒の確認の手間を取ることを惜しんだ自分に。

そしてさすがにこういう状況で
そんなことはしないだろうと
東大の事務の人たちのIntegrityを
信じきれなかった自分に。


もうひとつは、
そうは言っても信じてしまった理由。

東大の事務と一言でいっても
学部ごとに全然違うので一まとめにはできない。
素晴らしい方々もたくさんいる。

ただこれまで学生として、教員として、
いろいろな場面で事務と接してきた中で
「規則だから」という一言で
あきらかに理不尽な扱いをされた記憶は
相当数あるのは事実だ。

だからその経験を踏まえ
デマツイートに書かれていることは
十分にありえる、と思ってしまったのだ。


さらには、
なぜこんなデマツイートがでたか、
ということ。

流した人の悪意は明らかだし
それは非難されるべきものだ。

でもこんなデマを流したいと思わせる
何かがそこにはあったということなんだと思う。
くすぶったもやのようなものが。


危機においては人の善意も悪意も
何もかもがむき出しになる。
その人そのものが前面に出てくる。

デマを信じてしまう人の弱さも
それをきちんとはねつけられる強さも。
人や組織が積み上げてきた、
それまでの信頼も。


人を信じる強さを持ちたい、と思った。
そしていざという時に信じてもらえるよう
日々をちゃんと生きよう、と思った。


PS:こんなのありました。
posted by まゆか at 17:05| Comment(3) | After 311 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

変化

今、自分の中で
二つの思いが交錯してる。


世界は変わった、という直感と、
その変化に足がすくんでいる理性とが。


今までやっていたことが
11日以降何だか意味ない気がして
どうしてもやる気がおこらなかったり。
でもそんな自分がだめだと思ったり。

逆にこれまではタイミングを見ながら
ゆっくりやっていたことが、
今後ものすごく重要になると
くっきりと意識したり。
でも、そこに向かって進むのは
やっぱりどこか怖かったり。


慣性に引きずられる理性ではなく
今、自分の中に目覚めた感覚を
信じて歩く勇気を持てますように。

普段どおり生きることが大切、
という言葉を言い訳にして、
本来起こるべき変化をも
封じ込めてしまいませんように。


それができたら
世界は変わる。


世界は人の意識が変わり
そこに行動が伴ったときに、
変わるから。
posted by まゆか at 22:09| Comment(1) | After 311 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

Pray for us. Pray for the future.

The biggest earthquake in Japan followed by the catastrophic tsunami – this is already enough, killing tens of thousands.

Then nuclear power plants have experienced explosions one after another, putting us in a great fear of nuclear contamination.

In addition, aftershocks never stop, moving places all over from north to south – the latest one happened in Shizuoka, west of Tokyo, near another nuclear power plant.


Why are so many disasters happening at the same time? Are we tested our limits?

Is it a consequence of us being too greedy, building a society to realize every kind of our material desires?

Is it a consequence of us being too arrogant, thinking that human beings can control nature including its powerful secret of the universe, nuclear energy?


It may be.

But even if it is, it is not guilt of those who lost their lives by tsunami, who are desperately hoping for the safety of their loved ones, who sacrifice their lives to prevent the disaster at the plants, or those who are having sleepless nights under fears of nuclear contamination.


Please, do pray for them.

Pray for us.

With your prayers, please let us believe that we still have a bright tomorrow.

And when things settle down, please work with us to rebuild a future – a future where we have few wants but feel rich.
posted by まゆか at 01:41| Comment(0) | 近頃思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。